探偵料金の基本教えます。探偵に多い料金プランとその違いを解説。

探偵の様々な料金プランとそのプランの違いについて

探偵事務所や興信所の料金プランは実にさまざまで、探偵業界に詳しい方でない限り、その違いを把握している方はいらっしゃらないと思います。

調査依頼を前向きに検討している方の中にも、料金プランが今一つ理解しづらいので依頼しあぐねているという方もいらっしゃることでしょう。

ここでは、そんな方々のお悩みを解決すべく「探偵の料金プランの違い」について、簡潔にご紹介していきたいと思います。

時間料金制のプラン

「時間料金 + 諸経費」で料金を計算するプランです。
探偵の人数、使用機材、使用車両などにかかわらず、あくまで調査時間を基準にして料金を算出します。

ただし、諸経費については別途請求する業者がほとんどなので、その金額については依頼前に予め確認しておきましょう。

人数単価制のプラン

「時間料金×探偵人数 + 諸経費」で料金を計算するプランです。

探偵が多ければ多いほど高額になる料金体系で、これを採用している業者も諸経費を別途請求する場合がほとんどのようです。

基本料金制のプラン

「基本料金 + 調査料金×日数」で料金を計算するプランです。

全ての依頼者に同額の基本料金を設定し、それに加えて、1日当たりの人件費と諸経費を含んだ形で調査料金を日数分請求するシステムです。

パック料金制のプラン

これは人件費や諸経費などを、予め全て含んだ形で請求するプランです

1時間当たりで換算すると割安ですが、一定時間以上でないと使えないプランなので、短時間で終わる可能性が高い案件は、この料金プランで依頼しないほうが良いでしょう。

成功報酬制のプラン

調査の成功条件を満たしたら報酬として料金を支払うプランで、大別すると以下の2種類が存在します。

完全成功報酬制

調査成功の場合のみ依頼料の全額を支払うプラン。
調査失敗の場合は料金不要。

成功報酬制
まず着手金を支払い、調査成功の場合のみ報酬を支払うプラン。調査失敗時は報酬は無し。


正しい料金プランの選び方

料金プランの違いが確認できたら、次はそのプランのなかから最適な物を選んでみましょう。

しかし、探偵の色んな料金プランがあって、どのプランで調査を依頼するか迷うと思います。

そこで、料金プランの正しい選び方を3つのポイントから見ていきましょう。

1.時間に余裕が無い場合

探偵に調査を依頼したいけど、あまり時間に余裕が無い人。
または、調査をしてもらいたい日時があらかじめ決まっている人に最適な料金は2つ。

  • 時間料金制のプラン
  • 基本料金制のプラン

調査をしてもらいたい時間(制限時間)が決まっているので、あらかじめ調査の日時を指定することができ、余計な調査を省くことができるこちらの2つのプランがおすすめ。

ただし、調査日程を最初に決めているため、突発的な調査を依頼するには不向き。

2.限られた予算内で依頼する場合

限られた予算のなかから調査を依頼したいという人に向いた料金プランです。

  • パック料金制のプラン
  • 成功報酬制のプラン

最初に予算を決めておくか、一定金額までしか料金が発生しないパック料金の定額制プランを利用すれば、大きく予算をオーバーする事は無いと考えられます。

ただし、成功報酬制の場合、成功条件を細かく決めることができるか、依頼者が調査を途中でキャンセルした場合のキャンセル料について事前に確認が必要です。

3.結果が出るまで調査を依頼したい場合

とにかく結果を求める人に向いた料金プランです。

結果が出るまで調査を続けたい人と、結果がでなかった場合に余計なお金を払いたくないという人に向いたプランです。

  • 人数単価制のプラン
  • 成功報酬制のプラン

調査結果を最も重視する人には、長期間の調査も依頼することができる人数単価制成功報酬制のプランが向いています。

ただし、成功報酬制のプランには完全成功報酬と普通の成功報酬があるので、その点は注意が必要です。

このように、料金プランで迷ったら自分が一番求めている物が何かをもう一度考えて、料金プランを比較するようにしてください。